記事の更新履歴です。

2015/10/4追加
一時転進して全てをEverNoteに戻した。理由は、XMindはマインドマップツールとしては多分最高峰なのだけど、毎日使っているうちにToDoメモリストになり下がってしまって、瞬時のメモの追加や編集、可視性、スピード、スマホからでも編集可能などにおいてEverNote(単に適当なPCのメモ帳でも同じ)に勝てなかった。

でもまた何らかの形で使いたい。ガントチャートとか、工程管理にでも。これ、クラウド版が出ればなあ。

 

2015/8/7 以下が最初に書いた記事です。

青年会議所(JC)のアカデミー系の全体委員会(例会のようなもの)でマインドマップのセミナーを受けた。(県ブロックに、ヒラ委員として出向中です。)

率直な感想としては今までも使っていればよかった。

散々ビジネス本を読んできたのに、なぜかこのマインドマップには今まで興味を示さず、今回みたいな機会が無ければこれからもスルーしていたと思う。
なぜかあの絵というか、イメージがうさんくさく感じてしまっていて…

普段僕はToDoをEverNoteでテキストベースで箇条書きのような形で管理しているが、ちょっと試しにいつものToDoをマインドマップに置き換えたところ、右脳が刺激されまくる実感があって、イメージからパッと思い出したい事を思い出せる感覚を味わえた。凄くいい。

セミナー講師の人が(JCのOB)、JCはマインドマップの団体だかにライセンス料を支払っているとかなんとか言っていた気がする。

さて、実際にマインドマップを作るのには紙や手帳に書くのが最も良いのかもしれないが、僕はあえてPCなどでチャレンジしたい。僕の場合もう紙だと続けられない。万一人に見られてしまう可能性を考えるのもわずらわしいし。

使ってみると面白いが、あくまでも目的のための手段という事を忘れないように気を付ける。

マインドマップのソフト色々

PCからもスマホからも編集できれば良いのだが、そういうソフトの組み合わせがまだ見つからない。
現時点で使っているのは以下。

■マインドマップのPCソフト

WindowsPCで使用中

XMind (←いくつか使ってみて、結局これのライセンスを買った)

 

 

■マインドマップのスマホアプリ

iPhone

SimpleMind

 

 

■マインドマップの書き方

http://mindmap.ainest.com/gallery.html