.htaccess、転送

 

http://coliss.com/articles/build-websites/operations/htaccess-files-for-the-rest-of-us-by-net-tutsplus.html

 

以下 .htaccessで301設定した時の例

RewriteEngine On

RewriteRule ^search_area\.php http://%{HTTP_HOST}/search_area.html [R=301,L]
RewriteRule ^search_deli_area\.php http://%{HTTP_HOST}/search_deli_area.html [R=301,L]
RewriteRule ^ranking\.php http://%{HTTP_HOST}/ranking.html [R=301,L]
RewriteRule ^event\.php http://%{HTTP_HOST}/event.html [R=301,L]
RewriteRule ^newface\.php http://%{HTTP_HOST}/newface.html [R=301,L]

RewriteRule ^girl_detail_([0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/girl_detail.php?id=$1 [L]
RewriteRule ^shop_detail_([0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/shop_detail.php?id=$1 [L]
RewriteRule ^search_category_area([0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/search_category.php?area=$1 [L]
RewriteRule ^search_result_area([0-9]+)_category_([0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/search_result.php?area=$1&category=$2 [L]
RewriteRule ^target_week(……….)page([0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/target_week.php?day=$1&page=$2 [L]
RewriteRule ^search_deli_town_([0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/search_deli_town.php?area=$1 [L]
RewriteRule ^deli_now_list_area([0-9]+)town(.[0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/deli_now_list.php?area=$1&town=$2 [L]
RewriteRule ^event_details_([0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/event_details.php?id=$1 [L]
RewriteRule ^gra_details_([0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/gra_details.php?id=$1 [L]
RewriteRule ^newface_detail_([0-9]+)\.html http://%{HTTP_HOST}/newface_detail.php?id=$1 [L]

 


301転送の方法、確認方法

301リダイレクトの設置方法

http://www.seotemplate.biz/blog/seo-taisaku/592/

http://www.web-20.net/2006/05/seo301.html

http://phpspot.org/blog/archives/2006/06/301.html

 

meta refreshの方法

.htaccessが使えない場合はmeta refreshを使う。
head内に以下のように記述。

<meta http-equiv=”refresh” content=”0; URL=http://新ドメイン/”>
即時転送。

<meta http-equiv=”refresh” content=”5; URL=http://新ドメイン/”>
5秒後に転送。

0秒転送は301転送、秒数を指定すると302転送と同等に扱われることになってるが、検索エンジンや閲覧環境によりどう評価されたり動くかわからないから.htaccessが使えない場合の手段。手堅くやりたいならmeta refreshじゃないほうがいいかな。

 

301転送になっているか確認方法

1、Chromeクロム
その他のツール > デベロッパーツール にしてNetwork タブを選択した状態で、
旧ページにアクセスする。
すぐに新ページに転送されてしまうが、Networkの中をスクロールして一番古いのを見て301になっていればOK。

2、View HTTP Request and Response Header
http://web-sniffer.net/

3、Search ConsoleのFetch as Googleで確認する
旧URLを入れる


404Not foundを表示させずにトップページに転送する方法。

リニューアルなどでCMSなどのシステムが変わったせいで、個別の記事や詳細ページなど今までのページURLが変更されてしまい、今までのページURLをブックマークされている可能性がある場合で、取りあえずそれらのページにアクセスがあったら404Not Foundを出さずにトップページに転送する方法。

URLが変わってしまう場合は、旧URLをブックマークしていたりする方のためにも個別記事も全て新URLへ転送するのが一番だが、あきらめてトップページに転送するという非常手段。

index.htmlなどと同じ階層に.htaccessを作成し以下を記述するだけ。

ErrorDocument 404 http://ranpu.biz/

404ページに無理やり意味を持たせるというか気の利いたナビゲーションを入れたページにしたりサイトマップ的な要素を入れようとするような解説を見かけ るけど、トップページ以上にサイトマップ的なページなどあるべきでないと考えているのでトップページに飛ばすのみです。

サーバーの環境によっては動かないのかもしれない。
さくらサーバービジネスでは動作確認済み。

 

 

 

 

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

コメントを残す

CAPTCHA