何年か前に誰かに勧められてみたブロンクス物語を数年ぶりにみた。
最近映画をあまり見ていなかったけど、疲れだかストレスが溜まると何も考えずにゲームをしていたのが、最近は映画をみるようになってきた。


ブロンクス物語は親子の微妙な関係やローカルの縄張り争いと好きになった子や友達がリンクしていてよく出来ている話だ。一人で見るのも彼女と見るのもありだと思う。
胸がきゅんとなる感じだ。(男が言うと気もいな・・・)
2週間くらい前はブルース・リーの死亡遊戯も見た。
ブルース・リーの映画はどれをみても内容は全く同じに等しいけど、頭を使わなくていいから何も考えずにボーっと映画を見たいときにはすごくお勧め。普段の声はすごく渋いのに戦っているときのあの声はどこから出てくるんだ!
何年も見ていなかったのに夜のドラマも見ちゃってるし。
今までテレビ見なすぎ君だったからたまにはいいのかな?みんなもっとテレビとか見ているものなのかな?
テレビを見るっていう受動的な行動はなんとなく漠然と時間を無駄にしている気がして怖い。
もちろん「この番組は見る」っていう能動的な動作はたまにはあるけど。
人気blogランキングへ