知人が事務所移転をして少しだけ大きなオフィスに移動した。
うらやましい!


うちもきれいなオフィスを借りたくなった。
やっぱりきれいなオフィスにいるともっと仕事をする気になる。
僕自身が全く形から入らない人なので名詞もオフィスもおそまつ君そのものだ。
でも、きれいなオフィスにかっこいい名詞でやる気が出るのも人の情だ。
きれいなオフィスを借りる資金的な余裕はないけど、本当の背水の陣に追い込むために一丁お引越しでもしようかという気になった。
最近読んだサイバーエージェントの藤田晋氏の本でも、最初1千万しかないのにいきなり500万円を物件などに使ったというし。
名詞もライブドアのように高くてもちょいとインパクトのあるものにしてしまおう。
今日まで来たのも本を読んで「すげー!」と思ってサルのようにそれを忠実に実行してきたからだ。
学歴も大した人脈もない僕は、どこから正しい知識やすごい経験を学べばいいのかわからなかったから、とにかく本から学んだ。
会社を作ることとそのメリット。株の売買~信用取引。まだ実現できていないけど不動産売買。六法。
全ての基礎は本から学んだ。
後輩達がちょっとあぶく銭を稼いでキャバクラや風俗に遊びに行っているときも本を一冊買って帰った。
あぶく銭を持っていてしょっちゅう僕をキャバクラに誘ってくれた先輩の付き合いだって10回に1度も行かなかった。
友達は別格だけど、一緒にいてもためにならない職場の先輩と飲むよりも、本を買って帰ったほうがよかった。
ほしいブランド物だって会社を始めてからは我慢した。
ゲームもやめた。
全ての時間を知識の吸収と仕事に当てた。
ここまできたら本から学んだ「すげー!」と思ったことを実行し続けてみよう。
きれいごとはお金を稼いでからだ。
孫子の兵法にも「兵を行くなき所無きに投ずれば、死すともかつ逃げず。死せばいずくんぞ得ざらんや、士人力を尽くす。兵士、甚だしく陥ればすなわち恐れず。行くところなければすなわち固く、深く入ればすなわち拘し、已むを得ざればすなわち闘う。」とある。
要は敵陣深くまで入り込んでしまったら撤退はないから、やるしかない。勝つしかない。
負ければ捕虜=奴隷だ。
最近背水の陣とかいいながら船を一艘残しておいた感じだった。
しばらく仕事の鬼になろう。
人気blogランキングへ