~の友達が独立したらしい。会社を作った。起業したいな。
様々な言葉で表わされている会社作りですけど、人によって様々だとは思いますが身近に独立する人がいなくて、会社を作る人っていったいどうやっているの?
何を根拠に何のためにそうするの?という人向けに僕なりの体験や周りの人のお話を少し書いてみようと思います。
ちなみにこのお話しは最近流行の情報起業のような華やかなものではなく地味でつまらない話しかもしれません。


<会社作りその1~会社作ってなにする?>
まず会社を作る根拠になるのは自分のやる気は当然はずせませんけど、お金を稼ぐ手段があるかどうかだと思います。
ちなみに僕の場合バイトでやっていたバナー営業の収入が個人だと源泉徴収を引かれて振込み。でも法人なら源泉を引かれずに振り込まれるので、あとのやりくりは「本人自身への給与をいくらにするか」とか「経費」の部分を勉強してうまいことやりくりすれば個人でまともに源泉徴収されるよりはるかに節税にはなります。月に3万円源泉徴収されたとすると、確定申告による還付金を入れない場合ですが単純に年間36万円違ってきます。(長いこと株もやっていたので個人より法人のほうがいいこともあるのでそれも理由の一つです。)
超ちっぽけなうちの会社のケースですが、会社にかかるお金はというと、会社設立にどう見積もっても約18万円。会社運営の知識に必要な本の購入などで個人差はあるでしょうけど2万円程度?会計はうちの場合弥生会計のソフト35000円くらいだったかな、と税理士代は初年度245,000円。赤字だったけど1年間事業をしたショバ代(税金)が7万円。
最初の年の合計で55万円くらいかかりました。
んーこうやって改めて計算したら具合が悪くなってきたな。
まあ売り上げが結構見込めて感受性が豊かで色んな所からちょこちょこお金を稼げる人には悪くはない数字です。
このケースは僕のような大した技術もコネもない若輩者が勤めていた会社の仕事の下請けや知り合った人たちから仕事をもらえる場合です。
ものすごい製品や技術や人脈を持っている方はこんな寂しい発想で独立はしないでしょう。
<会社作りその2~独立すると決めたら>
本屋さんに行って会社の作り方のようなものを何冊か読んでみてよさそうなものを買ってみましょう。基本的に内容は大差ありません。
設立までの具体的な登記所めぐりや銀行の問題は本に譲るとして、一人でやるか誰かとやるかが問題になってくると思います。
僕の場合成人式の頃には絶対いつか会社を作ろうと決めていたのですが、どうやっていいのかわからないし一人じゃ怖かったので遅くなってしまいました。なので2人で創業です。
勇気も根性も知恵もある人は有限会社は1人でもOKなのでそれでいいと思います。
実際に情報起業で急に儲かった方なんかは税金で焦ってとりあえず一人で有限会社にした人なんかも多いのではないでしょうか。
<会社の作り方その3~お金は?>
資本金や仲間とやる場合のお金の割り振り。
まず資本金ですがこれはみんな適当に集めていると思います。今までの貯金とか、手持ちの資金はないけど無性に会社をやりたくなって「今しかねぇんだよ親父!」といって親に借してもらう場合もあるかと思います。確認有限などなら資本金1円でもかまいませんがやっぱり300万円は入れたほうがいいでしょう。ちなみに同じ頃起業した友達で確認有限にした人もいますが、年間でこれ以上っていう売り上げがなければダメだし色々な条件はあります。
聞いている限り若干大変ではありそうですが噂ほど大変ではなさそうです。
株式の資本金の話しはわからないのでここでは保留です。
次にお金の割り振り。これは仲間とやる場合長い間積み重ねたお金に対する姿勢が問われます。
俗に言う「あいつは金に汚い」とか「いざとなるとケチだ」とか周りの友人に思われていると厳しいでしょう。
せこせこして友達に金に汚いというレッテルを貼られて浮いた小銭なんてたかがしれてます。それで一緒に仕事をしようとしている仲間に信用してもらえないという事実はお金なんかでは計りきれないものですから、やっぱり普段からお金のことは多少細かめでもクリーンにする癖をつけたほうがいいでしょう。
お金に関しては相手がいい加減でも自分は徹底しておくくらいのほうがいいです。
そんなこんなで創業していくわけですが、あくまでもこれは世の中で考えうる一番弱小規模の僕自身の起業体験です。
もっとダイナミックに起業する方に心底憧れます。
でも創業してからも教科書どおりには行かない試練がどうしても立ちはだかりますが、このつまらない文章をここまで読んだあなたならどんな苦難も乗り越えていけるでしょう。
これは少し役にたったぜという方は投票してあげて下さい↓
人気blogランキングへ