PHPの変数(可変変数)
変数は、1つのデータを入れておくもの。何回も使われるデータは、変数にすると便利。

変数を使わない例
<?php
echo “東京都豊島区”;echo “東京都新宿区”;
echo “東京都渋谷区”;
?>

変数を使う例
<?php
$tokyo =”東京都”;
echo $tokyo . “豊島区”;echo $tokyo . “新宿区”;
echo $tokyo . “渋谷区”;
?>
↑変数は$から始まる。

→変数を使うと、$tokyo = “○○”;を変えれば一気に変わる。

PHPの配列
「配列」とは、複数のデータを入れておくもの。
1つの変数に、複数の異なるデータを保持したい時に便利。

sDsad

PHPでよく使う2つ
1、ループ(繰り返し処理)
特定の条件や回数まで繰り返す処理を行う。
①while 簡単なタイプの繰り返し処理向き
②for 複雑なタイプの繰り返し処理向き
③foreach 配列用の繰り返し処理向き

2、条件分岐
その名の通り、特定の条件に該当する場合と該当しない場合で、処理を変えるときに使う。

①if 条件1つで該当する場合のみ処理を実行したい場合②if ~else 条件1つで、処理の実行を分けたい時
③if ~elseif~else 複数の条件で、処理の実行を分けたい時

 

PHPその1echo 文字列の出力

echo は文字列を出力する
<?
echo “東京都豊島区”;
?>
→東京都豊島区

<?
$tokyo = “東京都”;
echo $tokyo . “豊島区”;
?>
→東京都豊島区

 

phpその1 echo 文字列の出力
例:

<?php
echo get_post_meta($post->ID,’address’,true);
?>
↑カスタムフィールドを出力するWORDPRESSのテンプレートタグ

dada

PHPその2 if~else(条件分岐)
ifは、条件式が当てはまる場合のみ処理を実行する、。
if~elseは、ifで条件式が該当する場合に処理を実行して、elseで条件式が該当しない時に処理を実行します。
if(条件){
実行内容
}

PHPその2 if~else(条件分岐)
例:
<?php if (in_category(’31’) ): ?> ←wordpressの条件分岐タグ
<div id=”tenki2″>兵庫県の天気</div>
<?php echo do_shortcode(‘[tenki area=”82″]’); ?> ←ショートコード
<?php endif; ?>

dasdasdasda