去年の6月か7月だったかな。夜中に帝王学とかで検索してたら引っかかったのが、ナポレオンヒル財団のHPで食い入るように読んでたら無料冊子が取り寄せできるらしいからさっそく取り寄せた。
2ヶ月くらいは毎日読んでた。


8月くらいからか本屋にナポレオン・ヒルの本が大量に湧いてきたので数冊買って読みまくった。
いちいち読むのが大変なので13の条件と、17の法則は紙に書いて壁に貼った。
読みながら感動している自分を俺ってほんと単純だな、と思いながらも目標を紙に書けって書いてあったから、本当に書いて毎日目に付くところに貼っておいた。神田昌典先生も著書で言ってたし。
そのとき昔から口約束の予定よりも手帳に書いた予定のほうが仕事も私生活も結果が違ったことを思い出した。何年も前からジンクスじゃないけどうれしい予定は積極的に手帳に書くようになっていた。
そのほうが現実になることが多い気がしたから。そういう体験みんなないかなー?
自分で会社を始めてから数ヶ月の短中期計画も書くようにした。
部屋の壁がナポレオン・ヒルとマインドマップで大変なことになってる・・・
成功者に共通することは、とにかく自分の願望を知りそしてそれに向けて計画を立て、忍耐力をもって実行し続けること。これを読んで受験勉強を思い出したけど、確かにあれは期日があってそれに向けて勉強をするっていう極めてわかりやすい例だった気がする。
自分の将来や会社の今後も、なりたい姿を明確に頭にイメージしながら日々それに向かって計画的に生きていけば、確かに日常の無意識のうちにもそれに関係のあることを意識して生きるから、漠然と日々をすごすよりもはるかに夢に向けての必要な知識や人がぺたぺたとくっついてくる。時間も縮む。
んでもって目標を紙に書く生活を始めて半年たってびっくりしたことがあった。
神田昌典先生の話じゃあないけど、本当に叶ってることが多い。
長期計画は壁に貼っているのですが、僕は短期中期計画はノートに書きとめていたのです。
最近半年前のものを見返したら、無茶な金銭的な目標以外は全て叶っていたのです!
しかも金銭以外も結構シリアスな実生活に関わる部分なので本当にびっくりした。
口では言い表せない感動です!しかも書いた本人もすっかりそれを書いたことを忘れていたのにです。
あんまり衝撃をうけて、「じゃあなぜお金だけだめだったのか?」これを真剣に考えました。
そして僕なりに答えはでました!他の計画が現実的に難しいものも含まれつつもクリアーできていたのは、そこに至るまでの細かな策略が書いてあったから。
それがお金のほうは半年以内に~千万円と書いてあるだけで、そこに至るまでの間が抜けていたのです。まさしく間抜けです。
じゃあお金の面もそれに向けて具体的に健全なビジネスプランを立てていけば叶っちゃうんだ.。
それが僕の今の答えです。
いい年こいて単純なので本気でそう信じてます。でも恥ずかしいので友達には目標を紙に書いてますなんて言ってません。みんなが遊びに来ると目標の紙だけぺりっとはがして隠しちゃいます。
マインドマップとかはもうしょうがないけどやっぱりちょっと恥ずかしいですもんね。
すっかり今では達成したい予定や仕事などは絶対にノートに書くようになりました。っていうか書かないと現実にならないような気がして怖いんです。なんか神様が見てて「さぼったな!」とか言ってばちが当たりそうで。
ある意味で宗教みたいなものですな。