僕は昔から上司にとって使い勝手がいいキャラだといわれ続けてきた。
ほどほどに向上心もあるし・・・
今日久しぶりに僕より一年先に起業した先輩から電話があって「うちに来ないか?」と誘われた。
もちろん僕が会社を作ったのは知っている。最近のこちらの仕事内容も知っている。
話しを聞いている限りその先輩の会社はかなり軌道に乗っていて、少数先鋭のすごい会社になってきてそこに誘われるのは一般的に考えて悪くはない話しだけどショックだった。
もちろん向こうは心から好意で誘ってくれたのは重々感じたけど自分が情けなかった。
戦国時代で言えば録を与えるから領土と城を明け渡して配下に入れというようなものだ。
それを相手にそういう気持ちも持たせずに言わせてしまう今の自分の状況が情けない。
自分でもわかっている。特にこの数ヶ月は出向社員だからそこに出社してしまえばサラリーマンと変わらない。
違いはただ一つ、給与ではなくて仕事をした分が法人口座に税引き前の総額で支払われるということだけだ。
情けない。
でもこんな情けない状況で「なぜこんなことをしてまで法人をやるのか?法人やるにも諸経費がかかるし、適当に就職探せばなんだかんだでまだまあまあな会社に入れるんじゃないか?」と何度も何度も思った。
でも、こんな状況だからこそなのか「どうしてもこういう会社を作るんだ。世の中にこういう会社が必要だ」という心の奥底に信念のようなものがあることに気がついた。
ただそれだけが情けない状況でも会社を維持する核になっている。
今はまだ小さなこの核を自分の力でも壊せないくらい強固なものにしなければいけないと思った。
信念だ。
郵政民営化も信念だそうだ・・・
う~ん
人気blogランキングへ