今日は一人で街に出てしまった。一人で街をうろつくのは何か寂しくて嫌だ。
本屋をうろついたりビックカメラに行ったりちょっとエンジョイしてみた。(ぶっちゃけ大して楽しくなかったけど・・・)
一応目的はあってプリンタのインクが切れたからそれを買わにゃああかんと思って出たものの、型番を見ずに出てきてしまって終了。
頭もセットしなかったのでジャージにサングラスで出てきたら皆が一瞬ちらっと見てくるので、あまり人ごみを歩きたくなくて路地を歩いていたらギター屋を発見!
こんなところにあったのかとふらっと入ってみたらたったの8千円でギター一本が売っていた。
店員さんになんでこんなに安いのか聞いてみたら中国製だと言っていた。
別に中国製品は嫌いでも偏見もないけれどなんか弦が異様に浮いていて気持ち悪かった。
全く買う気なんかなかったけど「そういえばうちのギター引越しのとき以来、なんか15フレットより上がしけた音になったな・・・」とか思いつつ横にあった2万円のを購入。
チューナーとピック3つとしょぼい2千円のアンプを付けてもらった。しょぼいアンプはなんと僕が10年も前に買ったのと全く同じ代物だった。壊れていたからほしいといえばほしかったけど全く同じ物が、しかも何のモデルチェンジもなしに堂々と生き残っているのにびっくりした。
21世紀になったことなんかお構いなしだった。本当にいいもの(無難な物?)は年月を経てもかわらないのだなぁなんて衝動買いをしつつ思った。
ジャージにギターを持って外に出ると人々の目線がさらに熱くなってきて「確かにこの格好はありえん」と思いタクシーに乗って帰った。
久しぶりに自分のものを買ったナイス休日だった。そういえば今年の夏はTシャツの一枚も買ってない気がする。
ちなみに僕はバンドマンではありません。21世紀にもなってちょっとHIDEとかXとかBOOWY辺りを弾くくらいです。
あらやだ帰ったらうちには2本もギターがあるじゃないの・・・
人気blogランキングへ