今日生まれて初めてテレアポというものをまともにやった。
予想よりも聞いていたよりも何かがつらかった。
飛び込みの営業はあまり緊張したりテンパったりはしないのですが、なぜかテレアポはすごく緊張した。
昔から電話が苦手なのと関係があるのかな?
営業に関して慣れればテレアポのほうがいいという人が多いが、今日は本当にいっぱいいっぱいだった。
自分が情けなくて情けなくて帰るときみんなが僕を笑っているような気すらした。生まれて初めて万引きをしたあとのようなものにも似ていた。(あくまでもものの例えです・・・)
帰りながらボーっとしていたら、ふと数年前に読んだ糸山英太郎氏の本の中のセリフを思い出した。「営業をやってもちっとも売れない。俺の顔が悪いからなのか。ずーっと悩んだ。」こんなようなフレーズが頭によぎった。
あの世界の金持ちランキングにも入る糸山英太郎先生も二十歳そこそこの頃にこんな思いをしたことがあったらしい。
ここ2ヶ月くらい会社を始めてから今までで一番苦しい時期だったけど、今日はまた格別につらかった。
でも過去を振り返るとものすごい挫折を味わって世の中の全てから取り残された感情に陥ったときにいつも光が見えてきた。
糸山先生の言葉が今もずっしりと胸の中で渦巻いている。
そんなわけで今日の「恋に落ちたら」はまた格別にいい話に思えてしまいました。
人気blogランキングへ