おととい自分のテレアポのへたっぴさに悶絶してほぼ夜を徹して勉強した。
僕は何かどん底に陥るといつからかその状況に合った本を探しては聖書のように読むようになっていた。何か心のよりどころがほしいのかな。

セールス・アドバンテージ―D・カーネギーにちょうどテレアポの部分が載っていたので、穴が開くほど一晩中読んだ。ぐちゃぐちゃになるまで読んだ。
その甲斐あってか昨日はアポが2ことれた。今やっているのはなかなか大きな額が動く案件なのでうれしかった。
そうしたら昨日は気力を使い果たして9時には就寝。朝7時に起きようとしたのに目覚めて昼12時・・・
15時間寝た?おかげで今日はサボってしまった・・・・・・
昨日がんばったのはいいけどコンスタントに体調管理ができなきゃだめだめだ。反省・・・
それにしても人生いつも一緒にいる友達等に「こんな一面があったんだ」と驚くことはたまにあるけど、創業のつれはなんとテレアポの達人だったのだ!聞いてはいたが聞くと見るとじゃあ大違いとは正にこのこと。
ただただ感心した。
おとといは僕にとってどの夜よりも長かった。
糸山英太郎先生ならどうしただろう?カーネギーなら?神田昌典氏だったら?ひたすら先人達の知恵にすがった。
ここが戦場なら僕は「孫子の兵法」を握りしめていただろう。
人気blogランキングへ