最近出向してお世話になっている会社が大きく急成長するのを、僕達はまのあたりにしている。
つれが大きな金鉱を掘り当てたようにでかい顧客を連続で見つけたのと最初はカス以下だった僕の営業が成長したのも大きな要因になっている。お世話になっているので僕らも会社に貢献できているのはうれしい。
これで前からつくづく思っていたことがはっきりと目の前で証明された。
新規事業にしてもなんにしてもこの世の中やった者勝ちな部分は往々にしてある!
はっきり言って今やっている仕事は世の中全般から見たらなんてことはない。
それでもそこの社長はこれで勝負すると決めて従業員に給料を払う覚悟を決めて会社を興した。
旗を揚げたから僕らのような人間もそこに集まり、結果その人間が利益を上げたのだ。


最近読んだ
ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則でも「大きく成功した新規事業のいくつかは最初は回りにとやかく言われたけど、なんでもとりあえずやってみたからそのいくつかが大ヒットした。もしも市場調査を気にしすぎていたらうまくはいかなかっただろう」というような証言がある。
確かにもうそんなのあるじゃんと言って始めなかったら何も始まらない。そんなことを言ったら自動車会社はトヨタがあるから他には必要ないということになってしまう。
もう大手が進出しているからと言って何もしないならばランチェスターの法則は存在意義すらない。テロでもなんでもアメリカに歯向かう連中もいなくなる。
もちろん予算も大事だけどまずやってみる!この精神は大事だとつくづく思った。
今回僕の目の前で急成長を成し遂げている社長はまずやってみたのだ。一か八かに近い感覚でもなんでも事務所を移転し人を雇ってみたのだ。それからはどんどん大きな話しが転がってきたりどんどんすばらしい人脈がくっついてきている。
毎日圧倒されてしまう。
でも僕らもそれを指をくわえて見ているわけではない。
うちも7月からは小さいながらもきちんと事務所を構えて設備投資もする。
うおーんがんばらなきゃ。
応援してあげて下さい↓
人気blogランキングへ