今の営業を始めて2週間少したった。今は結構実入りのいい仕事なので入金はかなり先だけど金額はまあまあだ。
でも何かが楽しくない・・・そう、多分もう飽きてしまったのだ。
営業の修行中なので仕方がないけど何の思い入れもない商品を来る日も来る日も売るのはさすがに飽きがくる。
でもそれに付随して昔から興味があった2つの重要な職種について学べるのと、時価総額ナンバー入りする企業とつながる仕事だからそういった意味では色々と世の中の勉強になる。
単純に感じた感想は小さい会社はがんばる、お役所のような大手企業はただただすることもお役所。全て5時には終了。小さな会社は夜までひたすらお仕事。
そのまんまだ。
僕自身つねづね意識して生きてきたことだけど、自分がやりたいことについて考えざるを得ない、若しくは行動せざるを得ない環境に常に身をおいておかないと人間何も考えなくなってしまう。
今はまだたったの2週間程度だけど毎日サラリーマン気分を味わっている。完全歩合だけど出向という形になっているので出社してしまえば社員と同じ扱いだ。疲れて帰ると自分達の会社のサービスを考えることもせずに本を少し読むのがせいいっぱいで布団に入ってしまう。
サラリーマン。
なりたくなかったけど大学を出てから気合で完全歩合の仕事だけで食いつないできた僕には、一度はサラリーマンをやってみなければという気持ちがどこかにあった。
やった感想は、ちょっと前までの終身雇用の時代にはこれが一つの会社でほとんど変わらない人間の中で定年まで数十年間も続くのかと思うと心底恐ろしくなった。盃もらう商売の人たちよりもはるかに忍耐力が必要だと思った・・・
僕なんかたったの2週間でこのざまだ。
何もしらない学生の頃は「リーマンにはなりたくない」なんて言っていたけど今はただただ畏れ敬うばかりだ。日本人が天皇を思う気持ちと同じだ。
今の僕は疲れた中年のサラリーマンに「リーマンなめんな!道あけろ!」とすごまれたら後ずさりしてしまうだろう。
初めて満員電車に乗る日々を体験して思う。
多くの人にとって人生はたまに綺麗な景色もある永遠に続くマラソンのようなものなのかも。
応援してください↓
人気blogランキングへ